Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

婚活で陥る「いい人いない」症候群とは?

婚活パーティーや結婚サイト、結婚相談所にも登録してみたけど、「いい人いない」と嘆いている婚活女子は多くいますよね~

いい人って、「イケメン」の事?それとも「高収入」な人の事ですか?

JUN

最近、婚活パーティー外ればかり、いい人いないわ~
そうなの?何がイケテないの?

ほたる

JUN

う…ん、ビビッと来ない。55点な男ばっかり

ビビッとって、松田聖子か?!

ほたる

でもカップルになってるよね?
うん、でもデートしても決め手に欠けるのよね

JUN

ほたる

決め手ねぇ…55点って、イケメンだけど、収入が低いとか、そういう事?
うん、帯に短し、たすきに長し

JUN

ほたる

贅沢言ってると、35点の男しかいなくなるよー

いい人=理想の男性という幻を追いかけると、一生巡り会えないかも!

ジュンもそうですが、いい人=理想の男性なのです。
全てを満たしてくれる素敵な王子様なんて、この世にはいないのです。

だって、自分だって完璧なお姫様なんかじゃないでしょ?
王子様を夢見ていいのは、幼稚園児までですよ!

イマドキの小学生の女の子の方がよっぽど現実的だと思います。

しかも婚活しているという事は、売れ残っているという現実があるわけだから、理想を追い求めてる場合じゃない!と気付かないと、40歳過ぎても「イケメンで高収入じゃなきゃ結婚する意味が無い」なんて真顔で言って、周りからドン引きされる残念な状況になりますよ!

目を覚ませ!ジュン!と友達だから言えるけど、うわべだけの友達は自分だけ売れ残ったら嫌だから、見て見ぬ振りしちゃいますよ~

減点法をやめなきゃ、婚活でいい人には出会えない

婚活でいい人がいないという人は、「減点法」の思考の人が多いと思います。
ダメな所を探して点数を付ける人は、「良いところ」に気付けずに見逃してしまいます。

反対に「加点法」の思考の人は、相手のプラスを見付ける為に「良いところ」を探します。
だから他の人が見逃した「良いところ」も気付く事が出来るのです。

掘り出し物的な「いい人」を見付けて、幸せな結婚が出来る可能性も高くなると思います。

毎回のように婚活で「いい人いない」とぼやいているなら、自分の考え方を改めてみては?
見える世界が変わると、掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!

青い鳥の童話を知ってますか?
幸せの青い鳥は、近くにいるかもしれませんよ~

※考え方を改めて婚活に成功した希美さんの話はこちらから

売れ残るのが嫌なら、婚活の高望みや勘違いを今すぐやめよう!

スポンサーリンク

婚活でいい人を見付けたいなら、固定概念を壊してみるといいかも?

思考って、生きてきた環境とか、トラウマとか、色んな要素で出来上がっている気がします。

思考は頭の中の気持ちで、心の中の気持ちと違う場合があると思うんです。
ちょっと哲学的ですかね?

旦那さん

俺ってホタルの理想の男性像に近かったの?
ぶぶーっ!その反対でした

ほたる

旦那さん

……(ションボリ)
だから幸せになれたんだよ!来世でも結婚したいもん

ほたる

旦那さん

……(照れ臭そうにニコッ)

あなたの理想(いい人)は、本当の理想かな?

これは私の話です。
夫は会話の通りに、いい人(理想)ではありませんでした。

共感してもらえる人もいると思うけど、男性を第一印象で「恋愛対象」と「友達」に分類したりしませんか?

最初に「恋愛対象」か分類して、「友達」の枠に入った人を恋愛対象として見る事はありませんでした。
夫と出会うまでは…。

友達枠から恋愛対象へと変わった人は、生涯で夫だけです。
私の固定概念が変わった瞬間に、私は掘り出し物を見付けられたんです。

私は子供の頃に父親に嫌悪感があったんです。
だから無意識に「父親と正反対」な人を選ぼうとする傾向がありました。

心の中で反抗していたのだと思います。
私のいい人(理想)は、頭の中で作られた「いい人」で、心の中のいい人(理想)ではありませんでした。

本当の理想を無視していたから、いい人(理想)が近くに居ても、見えてなくて気付けないから、出会えなかったのだと思います。

大人になって、実家を離れて暮らしてから、父の本当の優しさに気付いてからは、父とも和解して大好きになれました。

そして出会ったのが夫です。
夫は父と似ているんです。本当の私は父のような人がいい人(理想)だったんですね。

父親は娘を大切に愛してくれる存在です。親の愛は無償の愛だと、大人になってやっと理解出来たんです。

そして無償の愛ほど、幸せにしてくれる事は無いと、夫と暮らしていて心から思っています。だから幸せですよ~

そんなにお金に余裕がは無いけど、私は物質的に満たされたかったわけじゃなく、心が満たされたかったんだと分かりました。

婚活悲話!理想が高い女は大人になれないワガママな子供

両親は反面教師、幸せな結婚のヒントが隠されています

両親の性格は正反対なんです。だからケンカも多かった気がします。
当時は父親に嫌悪感があったので、母親の味方をしていた気がします。

でもケンカの原因は母親の余計な一言だと、両親を平等に見られるようになって気付きました。

血は争えない。私にも母親の気質がありました。夫に余計な一言を言ってしまうんです。
でも気付けたから大丈夫!反面教師の両親に感謝です。

スポンサーリンク

婚活でいい人(理想)という好条件が譲れないなら、自分に付加価値を付けよう!

「高収入」「イケメン」じゃないと、いい人(理想)じゃない!婚活する意味が無い!と断言するなら、最後の手段は自分に付加価値を付けるしか無いと思います。

JUN

30歳過ぎて理想を追うのは、やっぱり贅沢かな?
そだね~スーパーの売場に行ってごらんよ、タイムセールのシール貼ってるじゃん

ほたる

JUN

げっ!私にシール貼られるって事?

ペタッ。ジュンにシールを貼ってみる。

JUN

やめてよ~割引されちゃった(涙)

婚活はパンに似ている?焼きたて20代に勝つには?

婚活パーティーでも20代女子の一人勝ちで、30代女子は「いい人いない」という惨劇が繰り広げられています。

パンって焼きたてなら、よほど酷くなければ「美味しく感じる」ものでしょ?

20代女子も同じで、よほど酷くなければ「婚活モテモテ」で売り切れます。

でも「焼き立てマジック」は長くは続きません。時間が経過して冷めて(加齢)くると、美味しく感じなくなります。
焼き立てマジックは、ほんの短い時間しかありません。

では冷めてしまったパンは、どうすれば売れるのでしょうか?

サンドイッチを想像して下さい。

ハム、卵、ツナ、アボガド、エビ、チキン、美味しそうな具がサンドされていたら?
トリュフとか高級食材がサンドされていたら?

パンだけの時より、魅力が倍増していますよね?
焼き立てじゃない事に意識が向かないでしょ?

サンドイッチの具を人間に例えると、教養だったり、料理の腕前だったり、貯金の残高だったり、語学力だったり、とにかくお買い得感満載な女性になる事が、焼き立てパン(20代女子)に勝てる方法だと思います。

焼き立てパンと魅力的なサンドイッチが並んでいて、本当のグルメなら、どちらがお買い得かを見抜けると思います。

本当のお買い得女子になれたなら、20代に女子に負けること無く、「いい人(理想)がいない」なんてぼやく事もなく、いい人にお買い上げしてもらえるでしょう。

「値下げシール」を貼られるか、「お買い上げ」されるかは、どれだけ「自分磨き」をするかによります。

スーパーに買い物に行って、賞味期限がギリギリなのに定価で買ったら、「損した!」って思いますよね?

でも値段よりお得がある商品だったら、賞味期限ギリギリでも「残っててラッキー」って思いますよね?

◎自分の商品価値は無限に高められるのです

男性から残っててラッキーと思われる女性になりましょう。
「婚活でいい人いない」を卒業出来る近道は、自分磨きする事だと思います。