Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

刈れるのは自分だけ!婚活の心配の種は不安という水で成長いくのです

婚活って心配事が多いですよね?分かります、私もそうだったから。
目の前に婚活ロードがあって、行けども行けども辿り着けない。いつまで歩けばいいの?って途方に暮れる感じありますよね?

疲れるし、嫌になるし、うんざりしてきます。
こんなに頑張ってる自分を認めるところか、自己嫌悪に陥ったりしますよね。
いっそ誰もいない無人島に逃げてしまいたかったです。

JUN

いっそ海外逃亡しようかな

思い詰めた表情のジュン。ただならぬ気配が怖い…

ほたる

どうしたの?
もう婚活したくない!外国なら日本人は童顔だから若く見えるし、彼氏出来るかも!

JUN

ほたる

あ~アリ地獄モードに入ってる(心の声)
婚活に使ったお金を貯金してたら、中古マンション買えるかも!

JUN

ほたる

中古マンションって、そこだけ現実的だね(心の声)

不安のスパイラル?婚活連敗記録が自己評価を下げていく。

婚活パーティーでカップルになれない。
今日も誰からも選ばれなかった。

フリータイムで話しかけられなかった。
そんな状態が続くと、心の中はこんな状態になります。

「私って、そんなに魅力ない?」
「私は魅力がない女」
「魅力ないから婚活が上手くいかない」

不安のスパイラルが、自己評価をドンドン下げていくのです。思考がネガティブになると、表情は暗くなり男性との会話も盛り上がる事はありません。

発想を転換で不安の水を注がなければ、心配の種は枯れていきます

よくある例えです。

目の前に水の入ったコップがあります。
水の量は、全体の1/3ほどです。
このコップを見て思うのはどちらですか?

A:もうこれしか水が無い。
B:まだこんなに水がある。

Aを選んだ人は、婚活アリ地獄に陥りやすく、自己評価も低い傾向があります。物事をネガティブに捉えて、心配事が絶えません。

Bを選んだ人は、婚活パーティーでカップルになれなくても、「運命の人はここには居なかった」と気持ちを切り替えられる人です。物事をポジティブに捉えるので、婚活アリ地獄に陥る事はありません。

同じ事でも、捉え方は違う事が分かると思います。
ちょっとだけ発想の転換をすれば、簡単に婚活アリ地獄から抜け出せるのです。

ネガティブな発想は、だんだん神経を病んでいき、ストレスから鬱になる場合もあるので、そうなる前にスイッチを切り替えて欲しいです。

実は私は結婚前に、自分の事を卑下して「売れ残り」と旦那の前で言った事があります。

その時に、旦那はこう言ってくれました。

「売れ残りじゃないよ。俺の事を待っててくれたんでしょ?」

ありのままの自分でいいんだ。
そう許された気持ちになれて、心が自由になれたんです。

婚活で陥る「いい人いない」症候群とは?

スポンサーリンク

人と比較するのを止めたら、婚活の心配は無くなっていくのです

日本人は良くも悪くも、人並みを好む傾向があります。
人と同じだと安心して、人と違うと心配になりがちです。
だから、人と自分を比較して悩みます。

外国人は人と違う事を「個性」として捉える傾向があります。だから人並みじゃなくても不安にはなりません。

ほたる

散歩始めてから、シニア世代のお友達が増えたよ
早朝はお年寄りが多いからね

旦那さん

ほたる

不思議なんだけど、同じ事を同年代に言われるとカチンとくるのに、お年寄りに言われると素直に聞けたりするの
人生経験が違うからね~発言に重みがある!

旦那さん

ほたる

色んな世代と話すと、目から鱗の事があるしね~

人と婚活のスピードが違っても焦らないこと

※ウサギとカメの童話を知っていますか?

ウサギとカメがかけっこの競走をする話です。
カメはゆっくりしか進めません。

ウサギはピョンピョンと跳ねて、ドンドン進んで行きます。
カメとの差は広がって行きます。

カメはマイペースでゴールを目指しています。
ウサギは油断して、ウトウトと寝てしまいます。

ウサギが目を覚ますと、カメはウサギが眠っている間に追い越して、ゴールしていましたとさ。

人生のゴールはずっと先なんです。
人より婚活のスピードが遅くても、最後には笑っていられるかもしれません。

早く結婚したから幸せになれる保障なんてありません。
結婚には努力が必要だからです。

努力したカップルだけが幸せになれるんだと思います。

同世代の友達と距離を置いてみる

婚活中の人が一番比較しがちなのは、同世代の女性です。
未婚と既婚の女性では、全く話題が違ってきます。

既婚者は夫や子供、姑の話が多くなります。
話題について行けず、取り残された気持ちになります。

未婚の女性は婚活の話しになりますが、友達の婚活が順調なら焦る原因となります。

どちらにしても、ストレスを溜める原因になるだけなので、気持ちが不安定な時は距離を置いた方が良いと思います。
冷静に自分自身を見つめる時間が必要だと思います。

そんな時は、自分磨きの時間に当てると佳いと思います。
習い事をしたりすれば、またストレス解消になるし、新たな人間関係が出来ます。

出来れば自分より年上の人と出会える習い事が良いと思います。同世代とは違った視点のアドバイスをもらえたりします。行き詰まった時には、視点を変える事も必要です。

◎幸せな結婚に早い遅いは無いんです。自分のペースで進めばいいんです

スポンサーリンク

親活って何?心配し過ぎる親が立ち上がった!

親活って聞いた事はありますか?

婚活に消極的な子供(適齢期を過ぎた)の代理で、婚活の情報交換したり、親同士の婚活パーティー(子供の代理)に参加したりすることです。

ほたる

ねぇ、親活って知ってる?親が子供の代理で婚活パーティーに参加するんだって!
ゲッ、何んだそれ?気持ち悪っ!うちの親が参加するのを想像したら…ダメ、縁切るわ

旦那さん

ほたる

私も嫌だけど、それだけ子供の事が心配なんだろうね
親の必死な姿見たら、泣きたくなると思う…

旦那さん

ほたる

お節介過ぎると、子供は余計に追い詰められるかもね
自分で見つけられて良かった~

旦那さん

ほたる

そだねー

心配過剰の親の愛情?それとも暴走?

普通に考えると、親は子供より先に旅立ちます。
自分達が死んだ後の事まで、親は想像する生き物なんです。
自分の事より、我が子の将来が心配なんです。

それなのに結婚適齢期になっても、全く婚活する素振りも無い。何を言ってもノラリクラリ…と、心配は焦りへと変わっていきます。

そんな親心に目を付けた婚活ビジネスが誕生しました。

☆親同士の婚活パーティー

親同士が子供のプロフィールを交換して、お見合いをセッティングするのが目的です。
仲人にお願いするお見合いの進化版という感じです。

親同士が同意しているので、本人同士が気に入れば、即結婚という事もありえます。

☆親同士の婚活バスツァー

内容は、子供の良縁・結婚祈願の為に、神社参りをしたり、婚活セミナーを受講、そして親同士の婚活パーティーと盛りだくさんのバスツァーです。

親にここまでさせると、子供としては心が痛くなりますね(汗)

お見合い相手をリストアップ

親の職場関係、友人関係から適齢期のお見合い相手をピックアップして、お見合いしろ!攻撃をしてきます。

ある意味、自分の子供が未婚であることを、周りに売り込んでいるので、親としてはかなり捨て身です。
しかも知り合いからの紹介なので、断りづらいというデメリットがあります。

◎親にとって、子供は何歳になっても子供なのです

親にとって、5歳だろうと、35歳だろうと、全く変わりません。何歳になろうと心配は尽きません。

仮に結婚したとしても、それはそれで別な心配が生まれるだけです。面倒くさいと思っても、親とはそういうものだと思います。
いつか自分も親になれば、きっと気持ちが分かるのかな?と思います。

だから親を鬱陶しいと思わず、そこまで心配させた事を反省して、色んな意味で自立して将来の事を考えてる事を、親に見せて安心させて欲しいと思います。

婚活難・アラフォー女が嫌われる理由とは?