Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

婚活の最終段階!真剣交際はウェディングベルのイントロ期間です!

真剣交際って聞くと、どんなイメージがありますか?
「僕と付き合って下さい」「私で良ければお願いします」みたいな正式に、彼氏・彼女になる事でしょうか?

ワンナイトラブ的なカラダの関係で終わるような恋では無く、結婚を前提とした付き合いでしょうか?

JUN

結婚相談所って、仮交際と真剣交際があるの?
そだよ~仮交際は複数交際できるけど、真剣交際は一人だけってルールがあるの

ほたる

JUN

えー、他に紹介してもらえないの?
うん、他の相手は全て断るルールがあるの

ほたる

JUN

優柔不断には厳しいルールだね
……決断力がないと、一生結婚はムリだね(汗)

ほたる

結婚相談所の真剣交際のルールは、他の婚活とは異なっています。

結婚相談所には「仮交際」「真剣交際(本交際)」「ご成婚」という段階があります。

「仮交際」は複数の男性と連絡やデートが出来ます。ひとりの男性にも決めなくても問題ありません。

男性も他の女性とデートをしています。友達以上恋人未満な状態で、ボーイフレンドの一人という感じです。

「真剣交際」に発展するには、互いの意思確認が必要

複数の男性と付き合ってみて、「この人だ!」と思う本命が決まったとします。
この段階では自分だけ「片想い」状態なので、真剣交際ではありません。

その男性も自分の事を「この人だ!」と本命にしてくれる必要があります。
ようやく「両思い」ですが、この段階でも真剣交際ではありません。

お互いの意思確認をして「結婚を前提にお付き合いしましょう」と話し合った後に、結婚相談所のアドバイザー(担当者)に、キチンと報告した段階で、やっと「真剣交際」が成立します。

◎結婚相談所では、「真剣交際」の手続きが必要です

他の婚活では、本命を決めても他の男性と連絡を取る事(キープ)は出来ますが、結婚相談所では禁止です。

本命以外の人との「仮交際」は結婚相談所で把握されているので、他の男性との「仮交際」は相手へ終了が伝えられます。

自分で伝える事も出来ますが、トラブルにならないように、担当者を通すのが良いと思います。

アラフォー婚活は短期決戦!失敗しない付き合い初めの心得とは?

真剣交際=結婚では無い

真剣交際に発展したから結婚出来ると勘違いする人もいますが、あくまでも複数交際から一人に絞った交際が、ここからスタートするというだけです。

真剣交際の期間に破局するケースはあるので、あまり舞い上がると痛い目に遭う事もあります。

ウェディングベルはまだ鳴っていません。イントロが流れたかな?くらいなので、焦りは禁物です!

スポンサーリンク

婚活トラブル・真剣交際の勘違いとは?

結婚相談所で真剣交際までたどり着けても、その先に行けない場合も多くあります。その原因について調べてみました。

ほたる

結婚相談所で、トラブルになった事ってある?
俺じゃないけど、同僚がトラブった事あるよ

旦那さん

ほたる

え!何があったの?
真剣交際になった途端に、相手が両親をデートに連れてきて、日取りを決めようとしたらしい

旦那さん

ほたる

怖っ!焦りすぎでしょう~
さすがにドン引きして、交際終了したらしい

旦那さん

ほたる

実録・恐怖!婚活オカルトって感じだね(汗)

真剣交際になっても焦らないのが、婚活の鉄則です!

旦那の話の人みたいに、結婚を焦り過ぎると大失敗する事になるので、独りよがりな考え方や行動は慎みましょう。

結婚までの道のりには落とし穴があったりしますが、自分で墓穴を掘るほど愚かな事はありませんよ!

婚活で同時進行は常識?でも断り方を間違えると危険なのです

仮交際で断った人からのトラブルには注意!

一番厄介なのが、相手がお互いに「真剣交際」していると思い込んでいたケースです。
もちろん手順を踏んでいない段階なので、女性側にも過失はありません。

ただ「今日は楽しかったです」「またお話したいです」など、社交辞令的な言葉を勘違いする男性もいるようです。

中には断られると「騙された」「詐欺だ」「気を持たせたくせに」などと騒ぐ男性もいるようです。

でも結婚相談所の良い所は、二人の間に担当者がいる事です。
万が一、しつこく連絡をしてきたらクレームを入れて対処してもらえるので、あまりナーバスになる必要はありません。

男性側がキチンとルールを把握していなかったのが、トラブルの原因だからです。

◎結婚相談所では、「結婚を前提にお付き合いしましょう」と言葉で確認する必要があります

真剣交際になると、他の男性の紹介も止まる婚活ルールがある

当然ですが、「真剣交際」宣言をすると、結婚相談所から他の男性の紹介はストップする婚活ルールがあります。

相手から真剣交際を申し込まれて、断ったら次は無いかも!と中途半端な気持ちでオッケーするのはオススメ出来ません。

気持ちが80%以上なら良いと思いますが、60%くらいなら煮え切らないまま交際して、結局ごめんなさいすると、時間がムダになってしまうからです。

相手も一人しか付き合っていない状態なので、相手の時間もムダにする事になります。

焦りがあってもキチンと自分の気持ちに向き合って、この人と結婚したいと思った通り段階で、真剣交際へと進んで行くことをオススメします。

スポンサーリンク

結婚相談所では、真剣交際の交際期間が決められている

結婚相談所では「真剣交際」に移行した後の交際期間が決められています。
3ヵ月だったり、6ヵ月だったり、結婚相談所によって違いがあります。

いずれにせよ、その期間内に「結婚するか」答えを出すルールがあります。
良くも悪くも交際期間が短いので、成功するとスピード婚も夢ではありません。

JUN

結婚相談所って交際期間が決められてるんだね~
3ヵ月くらいの所が多いみたいよ

ほたる

JUN

そんなに短いと迷っているうちに終わっちゃいそう
迷うって事は運命の人じゃないのかもね

ほたる

JUN

ところで、ランチどうする?パスタもいいけど、中華もいいなぁ~回転寿司も捨てがたい…
……ジュンよ、迷ってるうちに婚活適齢期も終わるよ(心の声)

ほたる

婚活成功の秘訣・真剣交際ですべき事とは?

真剣交際の期間は短いので、短期決戦となります。
のんびりしている暇はありません。だからと言って焦りは禁物です。

★頻繁に会うことが大切

完璧なデートである必要は無く、時間は短くても頻繁に会って、お互いを知っていく事が大事です。

結婚相談所の婚活の場合、デート代は男性が支払うのが普通です。頻繁に会うと、金銭的に男性は負担となります。

だから、仕事帰りにコーヒー飲みながら話をして、一時間くらいで解散でも良いと思います。

会うのが難しければ、電話デートでもオッケーです。
相手について知りたい事は、遠慮しないでドンドン聞いた方が良いと思います。逆に自分の事も知ってもらうべきです。

★結婚の意志が固まったら、女性からプロポーズしてもオッケー!

理想は男性からプロポーズされたら嬉しいですけど、女性からプロポーズしても問題ありません。
出来るなら、男性が言い出しやすい雰囲気を作ってあげられたらベストだと思います。

★アドバイザーに相談しよう!

他の婚活と違い担当のアドバイザーがいます。婚活のプロのアドバイスを受けながら、真剣交際の期間を過ごした方がスムーズにいきます。

男性側の情報も知っている人なので、これ以上心強い味方はいないのです。

もしかしたら、段階側でもアドバイザーに相談している可能性もあります。二人が上手くいくようにリードしてくれると思います。

《真剣交際期間の注意点》

結婚相談所では、成婚前に「お泊まりデート」や「肉体関係」を持つ事は禁止されています。

また結婚の意思を確かめ会って、退会後に結婚した事実がバレると違約金を取られるので、キチンとルールを守りましょう!